ダイエット中 カロリーの心配なしにおやつを食べ、空腹感を満たしても大丈夫です!

FrontPage

ダイエット中におやつを食べる。

ダイエット中におやつを食べても大丈夫です!

diet-woman
  • ダイエットが進むと、ひどい脱力感や倦怠感に落ちることがあります。
  • そのときは、低カロリーおやつを一口食べ、一時しのぎすると元気がでます。
  • 細胞が肥満因子を持っているので、空腹になりすぎ、飢餓状態になって我慢できなくなる症状のときに、一口食べることで我慢できます。
  • いくらダイエットとはいえ、我慢は健康に良くありませんので、カロリー量に気をつければ、問題ありません。

ダイエット中のおやつに適した甘い物

  • 小豆を原料とした「あんこ」です。 たい焼き、今川焼き、大福、あんこで包んだ団子など。
  • 「甘いものはダイエットに中に禁止」と思っていませんか?
    あんこは、とても体にいい食品なのです。
  • なぜ?原料である小豆に含まれるポリフェノールは体内の活性酸素を取り除いてくれます。
  • また食物繊維が多く含んでおり、血中コレステロールを抑制し、便秘予防にもなります。さらに血液をサラサラにするアントシアニンや、貧血予防になる鉄分も含んでいます。
  • 食べすぎは、当然いけません。糖分も大福1つ程度のカロリーなら心配なしです。
  • 糖分は脳の栄養源です。脳の働きまで抑制してはダイエットどころではありません。

ダイエット中 女性の必要エネルギー

  • 女性の普通活動の場合、1日に必要なエネルギー量は約1800kcal程度です。
  • ダイエット中のおやつのカロリー量はその5%〜10%程度に抑えて、100kcal前後にしておくと良いでしょう。

ダイエットおやつを食べるのは何時がいいの?

  • おやつとは江戸時代の言葉「八つ」である。「八つ刻(やつどき、今の2時〜4時ごろ)に間食をしたことから、この時間の間食を意味するようになったと言われています。
  • ダイエット中は、おやつや間食を食べる時間の基本は「空腹感を感じたら次の食事までのつなぎに食べる」つもりで食べてください。くれぐれも「量」には注意です!
  • 意外とダイエット中の女性に人気なのは、商品名では「蒟蒻畑」や「カロリーメイト」などあります。

我慢しすぎて次の食事の量が増えすぎたり、イライラしてしまってダイエット生活が長続きしなくなることを防ぐ目的もあります。
例えば夕食時間が遅くなりすぎそうな場合、途中で何か食べておき、後におかずだけ食べるというような小分けの食事をおすすめします。

  • 息抜きに食べる3時のおやつ的なものは、ダイエット時のささやかな楽しみになって良いと思います。カロリーはいずれにしても目安は100kcal程度です。
  • それ以上のものを食べてしまった場合は、その後の食事量で調節し、長続きする自分なりのダイエット・パターン;を作っていくのが良いと思います。

ダイエット中 空腹のサイクルを作る

  • 夜食が習慣化してしまっている方も、あくまでも「適量」を守って食べるようにし、翌朝心地よくおなかが空く位のサイクルを作るようにしていきましょう。
  • 夜中の食事はできれば控えたほうが良いのですが、深夜まで起きて家事や仕事をする等の際には、夜食とおやつを同じ考え方で選んでみてください。
  • 食べる時間も寝る直前になると胃腸への負担がかかってしまいます。脂分の少ない消化の良いものを寝る1〜2時間前までに食べるようにしましょう。
  • 体内には、夜になると増えるタンパク質があります。これは体の中の体内時計を調節する役割があるタンパク質なのですが、このタンパク質が脂肪を体に溜め込むという報告がされています。
  • このタンパク質の量にも、日内変動があることが知られています。午後3時から、午後10時から午前2時までがピークになります。
    こうした事実から、「午後3時のおやつはもっとも太りにくく、午後10時から午前2時までに食べると一番太りやすい」ということになります。

ダイエットおやつ おすすめ品

diet-food
  • 小豆を原料としたおやつのほかに、食事が不規則な人には、栄養補給ができるおやつが理想的です。
  • おすすめ食品は牛乳が原料のヨーグルトやプリンです。
  • カルシューム分を取る。統計明らかですが、日本人の大抵の大人がカルシウム不足、乳製品から摂る栄養学的な所要量がより少ないといわれています。
  • チーズ、ヨーグルトや乳性プリンなどの牛乳を使ったものはその補充になるのでおすすめです。
  • その他、いろいろな商品が市販されています。たとえばカロリーメイトなどの栄養調整食品です。時には野菜不足の日もあるし、時間がなくてきちんと食事がとれない日もあるものです、そのときは商品の成分を選択して摂るのもいいでしょう。
  • 食事の補充にも便利な「栄養調整食品」の表記のある物も良いでしょう。
  • これらは100kcal前後でスティック状などで手軽に食べやすく、保存もでき、携帯にも便利です。

ダイエット用おやつにする成分考える

  • おやつを選ぶ時には、食事の栄養補給または次の食事までをつなぐものと考えてみてくださいね。不足しがちな野菜など栄養素補給を考えるのであれば、総合的なミックス野菜ジュースもおすすめです。
  • 当然、これらジュース的なものだけではいけませんが、一時的に野菜不足解消にはおすすめで、自然な繊維ビタミンの補給にもなります。

スポンサードリンク

ダイエット「おやつ」関連商品の通販ショップカタログ

>>>ダイエット中の「おやつ」として最適!<<<

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional